一人暮らし 引越し業者 選び方

一人暮らし@引越し業者の選び方・おトク引越し

一人暮らしでも引越しができる

一人暮らしの引越しは荷物が少なめなので、自分で引越しした方がいいような気がしますよね。
例えば、バッグ1つ分の洋服とダンボール2〜3個の荷物だったらきっとそうでしょう。

 

でもテレビや電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機などの家電やタンス、ベッド、ソファなどの大きな家具家電があるなら、おそらく引越し業者の方がお得になります。
大きな家財を運んでもらう場合、宅配便にお願いするとたとえ1個でも1万円以上の費用がかかります。

 

新居が近場なのでレンタカーを借りて引越ししよう思っている人もいらっしゃるでしょう。

 

私も実際にやってみたのですが、素人では軽トラックに上手に積み込めず何度も往復する羽目になりました。
ガソリンを満タンにして返却しなければならなかったため、思ったより費用がかかってしまったのです。

 

しかも慣れない作業でひどい筋肉痛になり、翌日はまともに動けませんでした。
こんな思いをするなら、引越し業者にお願いすればよかったな〜と後悔しきりでした。

 

 

一人暮らしの引越しなら

 

でも引越し業者にお願いする場合、実際にいくらかかるのか心配ですよね。
心配ありません。

 

まずは引越し業者一括見積もりをしてみましょう。
=>引越し業者の一括見積もりサービス比較して格安で引越し!

 

 

 

見積もりは無料なので、この時点でお金はかかりません。

 

同じ条件で見積もりを依頼したはずなのに、引越し料金にはかなり差があります。
1番安いところにお願いするもよし、印象の良かったところにお願いするもよし。
決めるのはあなたです。

 

 

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し

安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し手順を知っておこう

 

引越し 手順

 

引越しの時は沢山することがあるので、途中で疲れてきます。
先におおまかな流れを把握しておくだけでも負担がかなり軽減しますから、ぜひ一度ご確認くださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

これだけ見てもすることがたくさんありますね。

 

引越しですから早く引越し業者を決めてしまいたいところですが、まずは新居が先です。
新居の情報がないと正確な費用が計算できません。
引越し業者へ見積もりを依頼するのは、新居が決まってからすぐのタイミングがオススメです。
遅くなるほどに安くてサービスの良い引越し業者は予約で埋まりますから、のんびりもしていられないのです。

 

さて次は不用品を処分していきましょう。
とりあえず新居に持って行ってからゆっくり分別したい気もわかりますが、いらないものを運ぶにも費用がかかるので勿体ないのです。
売ったり、あげたり、捨てたりするにも時間がかかるので、早めに動き始めましょう。

 

引越し2週間前になったら役所関係の書類を提出します。
市外への引越しの場合は「転出届」を提出します。
これを出さないと新居での手続きが進みません。
役所では他にも国民年金や国民健康保険、児童手当などについても手続きが必要か確認しておきましょう。

 

電気・ガス・水道などのインフラ設備ですが、これらは引越し日までの費用を日割りで精算してもらうことができます。
各会社で手続き方法が違いますので、まずは連絡をして引越し日をお伝えください。
もし市内引越しなら引越し日からは新居で電気・ガス・水道が使えるようになる手配をしてもらいましょう。

 

郵便物が新居に届かなくなるのは困りますね。
ですから最寄りの郵便局で転送届を提出すれば1年間は新居に転送してくれますので、その間に引越しハガキやメールで、新しい住所を友人や知人にお知らせしてください。

 

引越しの当日、荷物を運ぶのは引越し業者がやってくれます。
しかし貴重品、高価なもの、大切なもの、壊れると復元できないデータなどは自分で運びましょう。
引越し業者に家具を置く場所を指定しなければなりませんので、あらかじめ決めておいてくださいね。

 

新居に最寄りの市町村役場で、転入届か転居届を提出します。
市外引越しなら「転居届」、市内引越しなら「転居届」です。
これらは引越し後2週間以内に行ってくださいね。これで役所から選挙のお知らせなどが届きます。

 

最後に免許証やパスポート、銀行・キャッシュカード・保険などの住所変更手続きをしましょう。
忘れてしまうので、早めに行ってくださいね。

 

 

引越し費用と時期

 

引越し 費用と時期

 

引越し業者には繁忙期があります。
この時期の引越し業者はどこの大忙しで、ネコの手を借りたいほどです。

 

引越し業者の繁忙期は3月前後です。
本当に予約が取れない日が出てくるくらい忙しいので、この時期に引越しが決まった方は早めの準備を。

 

なぜ3月前後に繁忙期があるのかというと、受験を終えた新大学生や就活をパスした新社会人が4月の新学期に向けて新天地に飛び出すからです。
それにこれだけではありません。

 

日本の企業は全国展開しているところが多く、3月の大規模な人事異動で、4月の新学期から新しい部署に配属されるサラリーマンがたくさん出ます。
そのサラリーマンの家族や単身赴任のサラリーマンの引越しもこの時期に重なるのです。

 

ここに通常の引越しも加わって、3月前後はどこの引越し業者も大忙しになります。

 

新居がきまったらすぐに見積もりを取って業者を比較し、一番条件の良い引越し業者を抑えておきましょう。
のんびりしていると高い業者しか残らなくなるか、予約ができないということもありますのでお気を付け下さい。

 

 

引越し業者のオプション

 

引越し オプション

 

引越し費用の内訳には、人件費と交通費とオプション費用などがあります。
人件費と交通費はわかりますが、オプション費用とは何のことでしょう?

 

引越し業者の行っている有料オプションは以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管
H盗聴器の発見

 

このように引越しをするすべての人が必要というわけではなく、必要な人だけが項目を選んでカスタマイズできるのが「有料オプション」です。

 

オプションの中で依頼が多いのは、エアコンの移設依頼なのだそうです。

 

エアコンは大家さんがつけている物件もあるため、依頼がないと引越し業者はそのままで作業を終えます。
もし自分で購入したエアコンを新居に持って行きたいなら、オプションで依頼しておきましょう。

 

自分で手配することもできますが、旧居と新居にわざわざ来てもらう手配を別でしなければなりませんから面倒です。
同じくらいの費用であれば、引越し業者にオプション依頼したほうが簡単です。

 

ピアノはどこの引越し業者でも運んでくれるわけではありません。
ピアノは重くて大きくて、そして高価な楽器ですから、破損を恐れて扱わない引越し業者もあるのです。
オプションでピアノの運搬を依頼してから一括見積もりをしておけば、扱いのある引越し業者を選択して見積もりを取ることができます。

 

車の陸送なんて自分でするもんじゃないのかと思われるかもしれません。
しかし、運転が苦手な方や小さいお子さんがいて長距離の移動が難しい方などは、引越し業者に運んでもらうことができるのです。